モノづくりメーカーの販促ツール お問い合わせフォームはコチラ

  • 使えるツールとしての製品カタログは?
  • Q&A
  • メーカー中心に実績、約1500件以上
  • 効果を出すがゴールお客様の声
  • モノづくりメーカーの販促ツール
営業ストーリーを重視

より実践的な製品カタログづくりが自慢

モノづくり企業にとって“花形ツール”といえば、「製品製品カタログ」です。お客様先での営業や展示会、資料請求時の配布 物など様々なシーンで大活躍します。一方、製品カタログの善し悪しが、製品の売り上げを左右するほど、モノづくり企業にと って重要な役割を担っています。 製品カタログには、資料請求や展示会イベント、ダイレクトメールなどで重宝する2/4/6ページ構成の「個別製品カタログ」から、 自社の製品ラインナップをまとめた、数百ページにおよぶ「総合製品カタログ」まで様々な種類があります。 コム・ストーリーがご提案する製品カタログは、特長や仕様、データなどの情報が見やすく、わかりやすいのはもちろん、 「より実践的な営業に活用できるため“ストーリー性”を重視したツールづくり」が、最大の特長です。


コム・ストーリーのカタログやパンフレットなどは、単なる製品やサービスの紹介だけでなく、お客様の営業マンがセールスの現場で役に立つことを目的としています。資料請求や展示会での配布後、“一人歩き”できる内容です
お問い合わせ
ページトップへ
徹底的に考え抜いた営業ストーリー

企画・コピーライティングはもちろん、文章からビジュアルまで徹底的に考え抜いた製品カタログづくりが自慢!!

ほかの会社と何が違うの?
納期などの条件面で融通が利くの?

徹底的にお客様の立場に立ち、お客様のあらゆるご要望に応えます。

コム・ストーリーはモノづくり企業(メーカー)に特化した広告オフィスです。製品製品カタログを はじめとし、会社案内などの紙ツールからWebサイト、展示会ブースまでトータルでご提案しており、様々な分野のモノづくり企業に対し、多数の実績があります。 特に紙ツールは、本社が50年を超える印刷出版会社ということもあり、長い歴史に裏打ちされたノウハウがあります。お客様からいただいた原稿を、単にきれいにデザイン するのではなく、初回訪問や受注に結び付くきっかけづくりになる「真に使える、効果的なセールスツール」にするため、様々なアイデアとデザインをご提案することができます。

もちろん制作・生産体制も万全です。 社内にデザインやイラスト・図の制作、写真加工を行う「クリエイティブ」(コンテンツ制作を行うデザイン部門)を持つとともに、ハイクオリティの商業印刷を実現するカラー印刷機を保有した生産工場を完備。お客様から校了をいただいた後、すみやか に製版・印刷を行えますので、より迅速な納品が可能です。生産部にはベテランの技術者を有し、製版や印刷時のトラブルにも十分に対応できるノウハウを持っています。このためスケジュールやコストを含め、お客様のご都合や条件に十分にご対応できます。


コム・ストーリーはただの制作会社ではなく、自社に生産部(印刷工場)を保有。ベテラン技術者による高い印刷品質はもちろん、納期もお客様のご都合を最優先でき、突発したトラブルにも余裕でご対応できます

「写真」と「スペック」だけで、自社の技術力や製品力をちっともアピールできていない製品カタログって、世の中にはまだまだあるんですよね。 なぜそうなるかと言えば、メーカーさんは全般的に、製品をつくる技術はあっても、「広告=伝える」技術にはからきし弱くて、マーケティング部や広報部がある企業さんはまれ。 ほとんどが営業部や技術部と兼任、とか、製品カタログを作る必要に迫られたら「持ち回り」とか。 ちょっとばかし気の利いたデザイン会社とかに頼んでも、製品や技術のことはちっともわかろうとしてくれないし、「原稿出せ」って言うばかり。 「モノだけつくっていれば売れる」という時代ではなくなったことはとっくの昔からわかっているけど、しょうがないジャン…。
コム・ストーリー(以降、コム)は、そういう企業様のためにこそお役に立ちたいと思って創設したんです。 完全に理解はできなくても、製品や技術に真っ向から立ち向かいます。資料も読みます。勉強します。どんどんお聞きします。 ヒアリングだけで、原稿も作ります。でも、丸投げを引き受けることはしません。
コムがご提供したいのは、「効果(例えば、問い合わせを増やすとか!)」。そのためには、メーカー様のお客様は誰なのか、何を必要とされているのか、ご一緒に考えてほしいのです。
担当者様のご負担は、出来るだけ減らしたいと思っていますが。お客様の社員さんより、製品や技術を知る → 愛着を感じる → 世の中にもっと知らせたい → 本気でアイデアを練りご提案する!→ パートナーとしてご一緒に、ずっと泣き笑いする! それが、コム流方程式(他社との違い)であり、「モノづくり企業に特化した広告オフィス」の真髄だと思っています。

図1:コム・ストーリーの制作ワークフロー。企画から納品までディレクターがコンテンツの品質、納期ともに厳格に管理


製品カタログをどう作っていくの?具体的な段取りを教えてほしい

最終イメージがわかる企画書+構成率でスピードアップと作業効案を図ります

上記、図1は、コム・ストーリーの制作フローです。まずは、お客様とのヒアリング(製品カタログを作る上でのご要望を伺う打ち合わせ)内容を元 にして製品の本質的な良さやセールスポイントを見つけ、マーケティングを意識したセールスストーリー(アプローチ)を考えたツールに 落とし込みます。 お客様が理解しやすくするため、ツールのコンセプトやアイデアをまとめた企画書を作成(図2)。それとあわせて製品カタログの構成案(ツ ールの設計図のようなもの)をご提案します(図3)。
構成案は、タイトルや小見出し、図、写真をできるかぎり盛り込み、その構成 案をブラシュアップしながらお客様が理想とする製品カタログの原案に作り上げていきます。 コム・ストーリーの構成案は、あくまで初校前のラフではありますが、企画の段階から最終的なツールのかたちに近いものがご提供で きるので、製品製品カタログの最終イメージが容易に想像できます(もちろん最終イメージは構成案以上の高いクオリティで仕上げます)。

図2:構成案とともに、ご提出する企画提案書。製品製品カタログのコンセプトや訴求ポイント、
ページネーション(ストーリー展開)を説明。お客様との制作意図を共有する

図3:左が構成案、右が実際に作った製品製品カタログ。
構成案の段階で、製品カタログの仕上がりイメージが想像できるはず

製品カタログの原案がうまくまとまらない。
原稿や図はどこまで任せられるの?

原稿が用意できなくても手持ち資料や口頭による説明でもOK

製品カタログの内容が決定したらライティング(原稿作成)です。原稿は、「①お客様がご用 意」、「②コム・ストーリーでフルライティング」の2つのケースがあります。
コムの得意技は、ヒアリング&理解力! 好奇心いっぱいに製品や技術のこと、企業のことをお聞きしますから、それに答えてい ただくだけで、「ちゃんとアピールできる製品カタログ」が出来上がります。 (ただ、技術資料などはご用意くださいね。しっかり勉強しますから!)。ライバル会社を教えていただけければ、 ネットを活用して情報収集もします。
「写真は重要です!」が、無い場合は撮影にもご対応します。 ①でいただいた原稿は、コム・ストーリーで編集と加筆を行い、より高いセールス効果が 得られる文章に仕上げます。 ②では、ヒアリングに加えて製品開発時の企画書や仕様書、手書きのメモがあれば、 製品カタログの原案を作成します(補足したい分は、口頭でご説明いただいてもかまいません)。
コム・ストーリーは、多種多様なジャンルにわたるモノづくり企業の広告をお手伝いさせていただいておりますので、テクニカル&セールスライティングでは他社では真似できない品質と対応力に自信があります。製品の機能・構造を説明する図やイラストにつ いても、レジュメや手書きのラフなどがあれば十分です(実際に現物を見せていただき、口頭で説明していただいてもかまいません)。どちらの場合も、お客様のご希望により取材やインタビュー、写真撮影にもご対応でき ます。


コム・ストーリーは、ヒアリングや取材によってお客様のことを徹底的に研究した上で、最適なPRツールのご提案をいたします。企画・提案力とともに、セールスライティング(文章制作)でも高い評価をいただいています

技術や製品を理解してくれないのでチェックが甘く、印刷後にミスが見つかってしまうけど、しょうがない?

技術と製品を理解した上で、チェックし、人為的なミスを減らす万全の体制。

コム・ストーリーは、校正でも人為的なミスを極限まで減らす体制を取っています。
ライティングと同時に、並行して初校(1校)のデザインを開始します。初校が実際の最終イメージになりますので、ストーリー構成とともに、読みやすさを加味してビジュアルデ ザインを作り込みます。内容と同時に、人の目をひきつけるビジュアル、情報の読みやすさを優先したレイアウトデザインを施します。その後、再校(2校)と続き、3校にて完成(校了)を目途としています。 その間、アートディレクション(製品製品カタログのデザインの良さ、見栄えの指揮)とともに、社内チェックを含めて3回の校正作業を実施し、その都度、用語統一や誤字・脱字の チェック、専門用語の校正など入念に行います。最後にお客様から校了(これ以上、修正がないという最終確認)をいただいた時点で制作作業が完了します。
お客様から校了をいただいた後でも、製版前の第3者チェックを実施。完全に誤字や脱字がないことをチェックした上で、すみやかに製版と印刷に入ります。
コム・ストーリーにとって文章はデザイン以上に重要な要素と考えています。製品カタログの内容をきちんと把握しているからこそ、お客様でも気付かない間違いにも気づくことができます。 このようにコム・ストーリーのチェックに加え、お客様の社内チェックによる「Wチェック」によって印刷ミスを「0(ゼロ)」に近づけることができます。

校正作業は非常に重要な作業です。初校から校了にいたるまで、毎回入念な校正を行い、校了前には複数の人数での第3者チェックを実施。誤字脱字チェックから言い回し、専門・技術用語のチェック、用語統一まで徹底的に行います

いただいた原稿をそのまま利用し、読みもしない!なんていう制作会社は言語道断! コムは、ヒアリングして原稿をご提供するだけではなく、原稿をいただいた場合もきちんと 読んで、必要に応じリライトしますし、キャッチや小見出しをご提案して、読みやすく伝わ りやすく編集します。 校正も、複数の眼で責任もって実施します し、言い回しの統一や、他ツールとの表記 の違いなど、とにかく徹底的に「チェック」し、「 発見」します! コムのお客様はそれに安心されて、だんだん チェックが甘くなられていくのが、小さな悩み です?!


お問い合わせ
ページトップへ
豊富な実績

機械・設備、電機・電子精密機器プラント・化学医療分野などで2,000件!?

コム・ストーリーは、創設以来、「機械・設備」「電機・電子・精密機器・部品」「プラント・化学・医療」「情報サービス・商社」など様々な業種 ・業態のツールを多数制作しております。その数は約2,000種類以上におよびます。製品製品カタログ以外にも、会社案内、各種リクルート ツール、ブローシャ(チラシ、フライヤー)、マニュアル、会報、社内・社外報、プレスリリースなど、モノづくり企業が必要とする、紙の販促ツール制作であれば、ほぼすべてにご対応できます。 本サイトでご紹介している事例はあくまで一例ですので、ぜひ一度、お問い合わせください。

  • 総合カタログ(電力監視事業)/236P

    ソリューションガイド・事例等、技術情報も充実の一人歩きできる総合カタログ

    計測制御機器の専門メーカー:
    渡辺電機工業株式会社 様
    詳細をみる »

  • キャンペーンカタログ/4P

    製品ブランディングを意識した、リ・ポジショニングカタログ

    検査用試薬・機器・キットの開発・製造(外資系):
    ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 様
    詳細をみる »

  • 事業カタログ/12P

    独自技術・仕様のアピールに特化したカタログ

    「動かす」ニーズにお応えする、専門技術メーカー:
    株式会社ワコー技研様
    詳細をみる »

  • カテゴリー別ラインナップカタログ/12P

    製品群の一分野について、原理・しくみ毎に再整理

    60年の歴史を誇る磁気応用製品のパイオニア:
    日本電磁測器株式会社 様
    詳細をみる »

  • 個別カタログ/4P

    技術の独自性、特長をわかりやすく紹介した個別カタログ

    高精細を誇るマスクの総合メーカー:
    ミタニマイクロニクス株式会社 様
    詳細をみる »

製品カタログは製品の「作品集」ではありません。 営業のメインツールである製品カタログは、モノづ くり企業様のノウハウの集大成! その意味では、個性=他社との違いがモノ をいいます。ユニークで、かつ使いやすく、わ かりやすい製品カタログをいろいろ創ってきました。
お見せできる実績がたくさんあるので、ぜひ お問い合わせください!

イメージ
お問い合わせ
ページトップへ
お客様の声

販促ツール作りが本当にラクになった!他社がマネのできないきめ細やかな対応

下記は、実際のお客様からいただいたお声です。コム・ストーリーのお客様は、業種・業態のジャンルはもちろん、会社の規模(大手企業、中 小企業)を含めて様々です。どの企業様からも共通して、クオリティやスピードから対応力にいたるまで大変高くご評価いただいております。 モノづくり企業の販促ツールであれば、ジャンルや会社の規模を問わず、幅広くご対応できるのがコム・ストーリーの最大の強みです。 他の広告制作会社や広告代理店では、フォローできないきめ細やかなサービスには自信があります。あくまでも、“効果を出す”ことをゴールと して、お客様が満足するコンテンツ作りを徹底的に追及いたします。

  • 医療機器メーカー・マネージャ様

    「コム・ストーリーは、ウチの会社の宝 です!ツールというより作品です」

  • 制御機器メーカー・営業部課長

    「担当者が熱烈なファンで、コム・スト ーリー以外には、任せたくないと言って いる」

  • 制御機器メーカー・課長

    「すべてにおいてレスポンスの良さと対応力が抜群。 企画から制作まで安心してまかせられる唯一の制作会社」

  • 機器メーカー・販促担当者様

    「憂鬱だったツールづくりの仕事がラク になり、上司や営業部はもちろん社 長にまで褒められました」

  • 部品メーカー・代表取締役社長

    「増刷の対応が早く、安心してまかせ られる」



  • 設備機器メーカー・代表取締役社長

    「原稿を一つも用意しなくても、カタロ グやwebサイトを作ってくれて、会社や 製品の強みや弱みを含め、様々なア プローチの販売戦略を根気よく考え てくれる」

  • 電子精密機器メーカー・マーケティングご担当者様

    「自分の会社や製品について、 社員よりわかっている」

  • 半導体設備機器メーカー・営業部長

    「本質的な内容についてアイデアを出 してくれて、販促企画や製品カタログなどの カタチにしてくれるので“ラク”です」

  • 部材製造メーカー・営業

    「コストや納期の面でわがままを聞いてくれ、 しかも期待以上のクオリティでツールを作ってくれる頼もしさ」

  • 検査機器メーカー・営業

    「制作会社とのやりとりで頻発していた 人為的なミスが大幅に減り、修正費 用がほとんどなくなった」

「お客様の声」って、なんだか気恥ずかしい ですね。でも、ありがたいことにホントウに言っ ていただいたこと。 とにかく嬉しいです。励みです。お仕事をして、お金をいただいて、喜ん でいただける!ますますお役に立てるよう、が んばりたくなります。

お問い合わせ
ページトップへ
最適な価格提示

必要十分にして最大効果が得られる仕様から考えて最適の価格をご提示

あくまでも目安ですので、お問い合わせいただければ、お客様が作りたいと思っておられる販促製品カタログの仕様(カラー、ページ数、刷り部数)を 元に構成をご提案し、お見積りをさせていただきます。 お見積りをご提出するということは、「企画・構成を考える」ということだと思っています。製品製品カタログの目的や効果を十分に考えた、最良の 製品製品カタログをご提案するために、出来上がりを充分イメージした上で、お見積りさせていただきます。 まずは、とにかくお気軽にお問い合わせください。

  • 4Pカラー/用紙:マットコート
    菊判93.5K/1000部

    ※原稿無し/ヒアリングと資料、写真のご提供のみ

    企画・原稿作成・デザイン(表紙2案以上)・編集・製版・印刷・仕上げ・納品
    ※撮影は別途
    初回:¥306,000~(税別)
    増刷:¥66,000(税別)
    ※修正無しの場合

  • 16Pカラー/用紙:マットコート
    菊判76.5K(表紙・本文共紙)/1000部

    ※原稿無し/ヒアリングと資料、写真のご提供のみ
    企画・原稿作成・デザイン(表紙2案以上)・編集・製版・印刷・仕上げ・納品
    ※撮影は別途/表紙 ニス・PPは別途
    初回:¥860,000~(税別)
    増刷:¥225,000(税別)
    ※修正無しの場合

今時の制作会社と比べると、高い!と思わ れる企業様もおられるかもしれません。 でも、ホントウに使えるツール、従来と全く異 なるツール、効果をもたらすツールをご提供 するために、コムは、常に最大限のパフォーマ ンスを発揮しています。 その内容からすれば、絶対にどこよりも安い ! と自負しています。 当初は、「コムさんは高いからなぁ」とおっしゃ っておられた企業様も、2回目以降、何もお っしゃられずご発注くださいます。ありがたい です。 それが、リピート率●●%の意味だと思って います。

お問い合わせ
ページトップへ